兎の放蕩物語


西伊豆経由で東京に帰還

西伊豆経由で東京に帰還
あっという間に弥生「3月」を迎え大気の具合も変わってきて少し湿気を帯びた暖かい空気になってきました。

高松滞在が予定より少し伸びて、お客様や友人に今年ウサギに与えられた新しいミッションを説明し暫く来られなくなる旨をお話・説明をしたりしてあっという間に二週間が経過してしまいました。

次の予定も詰まっていて今月依頼されたお客さまの車の処分や代替え商談も東京で消化して11日には日光中禅寺湖のリゾート施設に支配人として着任します。

今年68歳になる老齢のウサギのこれまでの民泊体験やリゾート地での別荘生活の経験を買われて新しいミッションに挑戦できる喜びを感じています。

「果たして二兎を追うものは一兎も得ず」のように朽ち果てるか
もしくはウサギメソッドが日本でも通用するものか楽しみです。
19/03/07 (Thu)


  HOME

total : 35979
today : 19    yesterday : 33