兎の放蕩物語


ダイハツ東京からもう一台借り受ける試乗車

<e125e>ダイハツ東京からもう一台借り受ける試乗車<e125e>
🐇の会社で登録した青いタフトはばいきんまんの子供の「フランケン・ロボ」と名付け可愛がっています。左の青

今日は東京のダイハツの管轄母店で新たにもう一台白い子を借り受けました。右の白(限定色)
今回、この車を気に入ってくれたお客様が第一希望の色を確認したいと相談され早速車の手配をして明日、見せに行きます。

昔の話ですが、ヤナセ時代に自分が気に入ったポンティアックの5ナンバーのオープンカーを自身で社員販売で購入し、立て続けに3台お客様に買っていただいたことを思い出しました。オープンカーって好きな人じゃないと購入しないので、セールスは商品を気に入ってこそ自信をもってお勧めできるという良い例でした。お客様からの「この車ください」の指名買いではなく 自分でこの車は楽しいですよと売り込んだ若い頃の自分を見た思いです。
20/07/12 (Sun)


today : 11
yesterday : 17
total : 49217


  HOME