兎の放蕩物語


デスクパソコン環境の改善

デスクパソコン環境の改善
仕事で使う東京オフィスのデスクパソコンの環境改善です。

東京:ADSL+ポケットWIFI+デスクトップパソコン
伊豆:ADSL+ポケットWIFI+タブレット&ノートパソコン
高松:光WIFI+タブレット&ノートパソコン

東京デスクのパソコン環境が一番遅れていましたがソフトバンクの「Airターミナル」に契約変更しました。
結果スピードも速く多くのWIFI利用の機器(タブレット・スマホ)も恩恵を受けて環境の改善が出来ました。

🐇の携帯はまだガラケーとタブレットの併用で不自由は感じていません。パソコン教室を経営して生徒さんに教えていた2004年〜2008年から早10年以上の時の経過で「十年ひと昔」。

高齢者の🐇ウサギは若い世代から見ると今はかなり遅れた化石になっているかも知れませんね!
19/10/20 (Sun)


台風と治水について…

<e810e>台風と治水について…
台風19号が去って考えること

狩野川台風の再現かと危惧され伊豆半島下田付近から日本に侵入してきた19号。
🐇も築45年の古い建物に大きな被害が及ぶのではと…、心配でわざわざ東京から西伊豆のアトリエに移動して滞在し庭の片付けや風対策に注力し屋根が飛ぶ覚悟で当日に備えました。(東京は岸辺のアルバムで見た家が流された多摩川沿いの住宅地:事件後大掛かりな護岸工事が行われ冠水の危険はなくなった)

結果、地政学的な高台の集落の環境と台風の侵入経路が事前の予想通り台風の中心(目)が飛行機が滑走路に降りるごとく真上を通過したおかげで風の影響が東側に注ぎ同じく東側の斜面に遮られて奇跡的に(いや計算通り)家屋の損壊の恐怖から免れることができ、ものが飛んだり屋根が吹き飛ぶこともなく台風が去っていくのを見送りました。

逆に東伊豆の地域は大雨による冠水や家の水没の被害も出て、現在のように事前に台風情報が国民に共有される時代と61年前の情報が少なくいきなり台風に見舞われる時代とは死者や行方不明者1200人とは違う状況でしたが台風の勢力はかなり強かったのと県内の被害が大きかったのも事実です。

治水の方も住いの高台の集落は山から流れ落ちる鉄砲水の様な濁流を幾つもの水路があって海に放出できる道が複数存在し直ぐ傍を通るのですが台風経過後も水路を流れ落ちる水の音は一日続いていました。

結果、ほとんど無傷で安全に台風をやり過ごすことが出来、むしろ冬に低気圧が発生した時の偏西風(強い季節風)の時の方が海からの風が強い状況にも何度も遭遇しているので天候についての学習がかなり出来たのも事実です。

長くなりました。写真は首都圏の治水に役立った「地下神殿」と呼ばれる排水管の資料です。
19/10/15 (Tue)


ローカルのスーパーの品揃えには期待感満載

<e203e>ローカルのスーパーの品揃えには期待感満載
東京から西伊豆に車で移動する際には3通りの方法があって東名沼津まで高速或いは時間のある時は大井松田ICで降車し国道246を走る方法と同志道で山中湖まできて河口湖を回って沼津まで降りてくる、そして時々箱根を走りながら三島から下ってくる方法がありその時の気分や時間の有る無しでコースが決まります。

今回は河口湖経由で食材を購入してのコース。
いつも感心するのは地元のスーパーの食材の豊富さです。山梨はたくさんの国産のワイナリーがあり「甲州ブドウ」が原産地の登録を受けており富士五湖周辺は高級別荘地も多く存在する地域なのでワインの品揃えや川魚の食材がたくさんあって「いちやま」「オギノ」などの全国的にあるイオンやマックスバリューとは全然違う地元の野菜や食材或いは食卓に並ぶ前菜の数々が東京のスーパーとは比較にならない豊かさがあります。

東京はデパ地下に行く或いは高級店では何でも揃いますが、この年になって混雑した電車には乗りたくないので車で行こうとすると駐車場に入るのに並ばなければなりません。車で買い物に行く普通のスーパーでは平凡な食材しか手に入らないのです。

この日は新鮮な「虹鱒」を見つけて嬉しくなりました。
写真はハロウインコーナーにあった看板です。

地方の食生活は豊かなので現役を務め終え時間に余裕が出来たらたらやはり地方で生活をする方が断然魅力的ですね。

都会で優雅に暮らすには地方の3倍もお金がかかりますから…。
19/10/10 (Thu)


季節の変わり目に

季節の変わり目に
10月になったというのに温帯低気圧の影響で全国的に真夏の気候になっている日本列島。

写真の風景は人の少ない静かな海水浴場として隠れた人気を持つ「小土肥海岸」
西伊豆の断崖絶壁の地形と北からの風を防ぐように回り込んだ内海に小さな浜があり海水浴にも夕日の鑑賞にも絶好の地です。

そこを見下ろすように小高い丘があってそこから写真を撮っています。
5月から10月まで蒸し暑い夏が続いた日本。
一年の半分が暑い時期になります。奥日光に滞在していた時期があって実際は僅か二カ月余りの🐇兎にとってはそれでも少しは短い期間でしたが、来年はどこでどうやって過ごすのが快適か?今から頭を悩ませています。
19/10/06 (Sun)


眺望が拓けて…

<e255e>眺望が拓けて…
今年は前半が中禅寺湖のリゾート物件のリニューアルの仕事に明け暮れて自分の物件より他人様の物件の事ばかりに時間を割いてしまった。とは云いつつ旅館業のノウハウも取得でき契約期間中の役員報酬もあったので良しとしましたが。

暫く留守にしていた西伊豆のアトリエは一軒家なのでやはり留守中の管理が行き届かず荒れてしまい、8月から環境整備に力を注ぎ庭の木々の伐採や除草、敷石面積の拡大、エアコンの増設そして何より6年間気づかなかった部屋の海沿いの窓ガラスを擦りガラスから強風対策用の透明ガラスに入れ替えたのがきっかけで今まで以上にこのアトリエに対する愛着が深まりました。

部屋で食事や読書をしながら駿河湾を見渡せ定期的に運行する大型フェリーなどを見ていると瀬戸内海と同様やはり自分にとってささやかな癒しの風景となります。

写真はその窓から見る海ですが、木々の高さが伸びて眺望を遮る箇所もありますが幸い親しくなった安曇野の方の土地なので先日部屋にお招きし琵琶の木の高さを伐採して切りそろえる約束もいただき、少しずつAirbnb(民泊)の再会或いは週末だけオープンするガーデンカフェの構想が具体化してきつつあります。

あと健康寿命が数年しかなくなってきた今日。多くの方と接する楽しい時間を少しでも多く作りたいものです。
19/10/03 (Thu)


東京でお客様のフォロー

東京でお客様のフォロー
お父様(桐朋学園の教授)の時代からお付き合いのあるBMWのお客様。

自動車が好きでクライスラー→シトロエンと乗り換えてこられ今はBMWの4ドアクーペ420を使っていただいている。
この程自宅の火災保険を東京海上に切り替えていただく相談を受け今日は山の手の高台のご自宅に契約にお伺いした。

お仕事はミュージシャン兼作曲・編曲、有名人の楽曲を作ったりコマーシャルソングの作曲も手掛けられる音楽家。

人の才能は素晴らしいと思います。年齢も感じさせない若さはどこから来るのでしょう?
19/09/26 (Thu)


連休は西伊豆で環境整備

連休は西伊豆で環境整備
台風15号は房総半島と東伊豆・伊東を襲い今回の17号は日本海を北上したため西伊豆は今年は台風の被害はありませんでしたが強風圏内に入っていたため天候は不安定な連休の日々でした。

それでも比較的晴れの日が続いたので暫く手入れを怠っていた庭の環境整備をして枯葉を拾い雑草を除去したり伸びた竹を伐採したり敷石の範囲を広めたり久々に余裕をもって敷地を綺麗に保ちながら雨天の日は読書をして「晴耕雨読」の日々を東京を離れて過ごしました。

部屋から海が見える様になったので家具の配置を模様替えして今まではキッチンで食事をしていましたがキッチンは厨房機能を高め調理スペースを増やしリビングで海を見ながら食事できるようにデスクをキャンピングカーに移しダイニングテーブルを新調して模様替えも自分好みにアレンジできました。
19/09/25 (Wed)


損保資格更新試験

損保資格更新試験
60代も後半を迎えると好きな事の勉強は苦になりませんが、仕事上で必要な勉強はやはりきびしいものです。
東京海上の損保代理店の営業上5年ごとの損保資格試験の更新をしなければなりません。
4種目ある資格のうち、今回は火災だけだったのですが受験する以上不合格になる訳にもいかないので、四国・高松から東京に戻りこの一週間時間を割いて毎日少しずつ勉強してきました。
今は練習問題もデスクのパソコンで出来るので模擬試験も合格点までたどり着き今日、近くの試験会場に出向きCBTシステムで受験してきました。

慌ただしい一週間も過ぎて少しゆっくり過ごせます!
19/09/17 (Tue)


台風が来ると蒸し暑いですね!

台風が来ると蒸し暑いですね!
小学生の頃は小児喘息がひどい子供で台風が来る時期は必ず喘息の発作が起きて吸入器で症状は抑えるものの体育の授業や運動会は欠席することが多かった🐇の少年時代。

喘息は30代後半まで患っていましたが分煙環境がすすみ煙草の煙を逃れる様になって、また体力もついてきたからか?40代になるとだんだんと自然に発作が出ることが少なくなり、50代以降 会社員を辞めて自立してからはほとんど症状が出なくなりました。

さて二週間ものんびり過ごしてしまった四国滞在。
戻ろうと考えていたら首都圏を台風15号が直撃することになり帰京を延期。
高齢の父(90歳)のことも気になり週末は泊りがけで鳥取県境港市の実家を訪れ1年ぶりの再会を果たしました。
高松からは250km(3時間)で行ける距離です。

ちょっと早いけど敬老の日のプレゼントにまだ元気な父と義母に茶器を贈りました。

親も子も年齢を重ねどちらが先に行ってもおかしくありません。
互いに就活の確認もできた訪問でした。

写真は米子空港(航空自衛隊美保基地)の旧YS11機。
19/09/09 (Mon)


ミニカー収集の楽しみ

<e125e>ミニカー収集の楽しみ
ウサギ🐇は若い頃からミニカーを集めるのが好きで四カ所の家に500台を超える車があります。

ほとんどが輸入車中心ですが、中には自分が乗ってきた車も含まれていて愛着が深い車ほどその数も多いのが現状です。

大きさも小さいものから大きいものまで色々ありますが写真のベンツは1/24スケールでこのサイズですと存在感があってリアル感が増します。

我が家で一番長く所有しているCLKクーペのミニカーを最近二台増やしました。残念ながら所有している色とは異なりますがかたちが綺麗に再現されているので家の中に置いて見ていても飽きません(笑)

ちなみにCLKだけで8台所有しています(ミニカーの話)
CLKにこだわるのはヤナセ四国を1999年に去るときに最後に納めたお客さんの車がこの車だったので思い出も同時に持ってきているからです。
ヤナセ時代で一番充実していた時期だからです。20年前の良い思い出を現在までずっと引きずっているのかも…。
19/09/04 (Wed)


<<PREV   HOME

total : 37641
today : 20    yesterday : 32