兎の放蕩物語


湖岸にステイすると湖の傍で暮らしたくなりますね!

<e169e>湖岸にステイすると湖の傍で暮らしたくなりますね!
今回の鳥取旅行で宿泊した東郷湖 湖畔の宿。
静かで落ち着く湖を部屋から見ているとこんなふうに水辺で暮らせたらいいなと…。アメリカに嫁いで東部ニュージャージー州のブリッジウオーターの水辺の住宅に暮らす妹を懐かしく思いながら今の住まいを再考してもいいかなと…。

海の見下ろせる瀬戸内海のオーシャンデッキの家:高松
駿河湾の夕日の綺麗な断崖絶壁の集落の家:西伊豆 
ともに毎日、良い景色だけみられるわけでもなく、低気圧が発達すると海からの強い風に耐え、台風が来ると雨戸を締め切り風対策を庭に施す。

本当に快適なのは春と秋の高松&真冬の温暖な気候と夏涼しい西伊豆。
渡り歩かないと快適な生活は送れない。
東京はコロナ禍で足が遠ざかり留守がちになっている疎開生活。

ハワイの様に乾燥した快適な時期が多い外国
夏快適な北海道
生活拠点はいくつあっても足りないくらいだ。
同じような考えの人と善意で家のシェアができれば理想ですね!

20/10/24 (Sat)

name :   
res :


政府の振興策「go to travel」雑感!

政府の振興策「go to travel」雑感!
鳥取の父も既に91歳を超えていますが 足腰は元気で地元の名士として新聞に投稿したり 軍人上がりの経験で1927年に起きた美保関事件(海軍駆逐艦の沈没)の調査をしていて先月美保湾の海底調査に携わりテレビ朝日に自宅で取材されたりと今の私よりも元気で充実した余生を送っています。

でも もう何時 亡くなってもおかしくない年なので高松に来て時間のある時は 境港の実家を訪ねることが多いここ二、三年です。

今回も高松滞在しているときに 東京在住者も政府の旅行キャンペーンの利用が可能となったので 今まで実家近くのホテルに朝食付だけで利用していましたが、今回は鳥取の保養地「羽合温泉」の行きつけの老舗旅館(湖のほとりに建つ昔からの施設)に数年ぶりに予約して前泊。翌日ゆっくり父を訪ねてきました。

政府が観光産業を支援する「go to travel」は宿泊費の35%の値引と お土産や外食に使える地域振興のクーポン券が一人当たり15%(今回は4,000円)使える特権があり、皆が中程度の旅行をしていた時代の様にウイークデイにもかかわらず全国から老いも若くも多くの人が宿泊に来ていました。
実際いつもよりグレードアップした宿泊が出きるのはありがたい話です。ただクーポン券は私の年代では商品券の様なタイプが使いやすいのですが 実際はスマホを使った電子版のもので どうしようかと考えたものでしたが持参したタブレットでアプリをインストールして旅行業者や予約番号を入力して画面をキープし買い物時に自分で画面上でクーポンを使うをクリック。その店のコードを入力して支払い完了。と思ったほど難しくはなかったのですが、高齢者世代にはちょっと使いずらく、扱いの店も慣れていない担当者が応対すると時間がかかる様です。といっても宿泊の翌日が使用期限なので紙を印刷するより電子取引の方がロスがないとは結果論として理解できます。

この一年コロナウイルスの影響下で随分と生活が変わってきました。
気候も変動が多く、昨日、昨年と同じように暮らせるかどうか?本当に不確実で不安な時代になったものです。
20/10/23 (Fri)

name :   
res :


遠方より友来る2020年秋

遠方より友来る2020年秋
バイクで九州四国ツーリング中の東京のオープンカー乗りの友人。

昨日は観音寺泊で出発11日目の今日は四国最北端の庵治の竹居観音経由でお昼前に高松の🐇の自宅に寄っていただく。

バイクは国産大型のスズキ製のワインカラー。隣の道の駅に停めて我が家でコーヒーを飲みながら久々の再会を喜ぶ。

ラテンの車好きの彼はアルファロメオをメインにフランス車も所有、年齢を重ねた後 再びバイク乗りにリターンして北は北海道から南は九州まで大型バイクでソロでツーリング中。

体力的にも精神的にも辛い年代だと思うが、そこはひょうひょうと毎日バイクで長距離を走りこなす。四国はもっとゆっくり滞在してほしいが今日は徳島から和歌山へ渡るハードなスケジュールで1時間ほどの時間は貴重な時でした。
20/10/20 (Tue)

name :   
res :


隣人を招いて…

隣人を招いて…
隣のマンションに住む友人と天気が良いのでテラスで昼食をとることになり久し振りに仕入れた海産物で和風ピザを海の幸風につくり、ついでに手作り餃子でおもてなししました。

🍕生地に麺つゆを塗りしみこませピザは釜揚げシラスをメインにタコとムール貝を夫々プラスして二種類造り刻みネギとチーズを掛けてオーブンレンジに。
餃子は30個も作ってしまい一部を冷凍保存しました。
スパークリング→辛口白→まったり地葡萄のさぬきの赤→餃子はビールで…。

季節の風が心地よくお昼に始まったランチタイムは日没前まで話が弾んで散会は夕食時になりました。
20/10/20 (Tue)

name :   
res :


今年初めての病院

今年初めての病院
1月の武漢ウイルスの発生から早いものでもう十カ月。
地方での疎開生活や手洗いやうがいの効果あってまだ風邪もひかずに今年は健康に過ごすことが出来ました。

でも油断していたら 急に首に腫れものができてびっくりした🐇はすぐに皮膚科の病院に通いました。「粉瘤」(粉瘤は良性腫瘍であり、悪性化することはほとんどないといわれている)という症状で注射器で血液を抜いて抗生物質と塗り薬をもらって帰宅しました。

高松に来る事がうれしくてついつい無理なスケジュールを組んで連日動き回っていた過労から来るストレスなのでしょうか?

初めての出来事でうろたえる🐇の様子です。
20/10/15 (Thu)

name :   
res :


🐇はやっぱり自動車が好きA

🐇はやっぱり自動車が好きA
先日の五色台で電気自動車テスラのオーナーさん4台の集まりがすぐ私たちの会合のすぐ近くでありました。(写真の白3台の他に青1台)

まだまだ日本ではなじみの薄いテスラ
その中で一番小さいサイズのモデル3は500万前後のエントリーモデルですが航続距離が499km と長く家庭での充電や現在増殖中のテスラ・スーパーチャージャースタンドでの急速充電の設備など長距離走行も視野に入った進んでいる電気自動車でした。
0~100km 加速 3.4秒
最高速度 約260km
馬力換算 360−470馬力
とてつもなく加速の良い車です。
BMWのi3一日試乗しか経験のない私は青いテスラに乗る青年の説明にただ頷くばかりでした。
20/10/14 (Wed)

name :   
res :


🐇はやっぱり自動車が好き@

🐇はやっぱり自動車が好き@
話題にした五色台での常連ゲストメンバーとして迎えていただく「讃岐Renault倶楽部」の定例会は今年の1月の会合以来ウイルスの問題でずっと自粛されていました。

会を運営する友人はもしも誰かに感染させてしまったり自分も感染したらどういう展開になるのか慎重に考慮されていたのだと思います。

🐇はもともとバイク乗りだったし、最近もオープンカーで風と戯れながら車を走らせるのは好きなので自分一人では友人を誘って走りに行っていました。

自然の中なのでよほど近づかなければ心配はないと今でも考えています。
記念撮影の写真はメンバーさんのほとんどはマスクを外して素顔で行きましょうと皆で納得して写真に納まりました。(後列右から2羽目が🐇)

ルノー5台と🐇のMercedes1台友人のBMW1台、そしてPorsche3台の楽しい集まりでした。
20/10/14 (Wed)

name :   
res :


再び豪雨から逃れて西国へ

再び豪雨から逃れて西国へ
今年は神がかっていて台風が本土に上陸しない代わりに秋雨前線で7月に続いて再び伊豆半島が標的になり大雨の日が4日連続で続きました。

幸い大きな被害もなく川が溢れたり木々が倒れることはありませんでしたがさすがに雨ばかりが続くと気が滅入り7月同様47日振りにまた車は高松に舵を切って走っていました。

驚くなかれ昨日午後の高松は雨とは無縁、本日も五色台で車のイベントに参加した時には晴天で夏日の様な気温が上がった青空全開の四国高松でした。

写真は五色台から坂出市の北岸・岡山が対岸の瀬戸内海の思いで多き景色。左手前が大槌島、中央が小槌島です。箱庭のような盆栽の世界の様な美しさです。

20/10/11 (Sun)

name :   
res :


夕日がきれいな季節になりました

<e125e>夕日がきれいな季節になりました
9月末から10月にかけて本当に過ごしやすい季節になりました。
西伊豆は部屋の気温が23℃、湿度も30%以下の快適な環境。
そして自慢の駿河湾の夕日と残照のオレンジ色の地平線が心を癒してくれます。

忙しかった9月は会社の決算月だったので致し方なく伊豆と東京の往復の日々が続きます。

そろそろ瀬戸内海が見たくなりました。
来週は高松でしょうか?
20/10/06 (Tue)

name :   
res :


3カ月振りにロッキーに再会

<e125e>3カ月振りにロッキーに再会
9月の仕事も終えて西伊豆に戻ってきました。
今年は武漢ウイルスの蔓延で東京を避けて西伊豆か高松で過ごす日の多い昨今です。東京は実務の車の商談や納車以外はあまり行かずに長年のお付き合いのお客様にも了解いただき己の健康第一に過ごす2020年です。

さて己だけではなく愛用の車の健康にも気を使い、今日はメルセデスのクーペの臨時整備で西伊豆の掛かりつけの整備工場に日帰り入院させました。

ここでお借りした代車はウサギの会社でも昨年12月から半年 デモ用サンプルカーのリースで乗ったロッキーGタイプの白。整備工場なのでドアに試乗車とシールが貼ってあります。ウサギの会社や首都圏ではこのような大きなシールは貼らないでも良かったので自家用車としても普段乗りで使用しましたがさすがにちょっと気恥しいですね。でも同業のダイハツの販売店でもある大きな整備工場なのでちょっぴり共感が持てたロッキーの代車でした。
20/10/01 (Thu)

name :   
res :


today : 8
yesterday : 13
total : 50597


<<PREV   HOME