兎の放蕩物語


懐かしいなあ…京王帝都のバスカラー

懐かしいなあ…京王帝都のバスカラー
まだ詳しく調べていないけど…、今日ヤナセにお客様の車を入庫した帰りに東京オフィスまでバスを使って帰ってきた。

懐かしい往年の京王カラーが復活か?
もう50年以上も前、ウサギが少年だった頃、小金井街道を走るバスがごく少数だけエアクッションを採用した新型バスがあり、たまたまそのバス乗った時に大型客船のようにゆったりとした乗り心地が忘れられなかったことを思い出した。

今の時代は老人のためにバスの前半分は低床式のフロアで後半のフロアは高くて階段を昇ったフロアに普通の前向きの二人掛けの座席があるが、バスの中の雰囲気は老人サロンの様だ。

乗合バスは座席が前を向いていなくても横座りの席で統一したほうが多くの人が座れるし自然と老人にも目がゆき助けて横に座らせてあげられると思います。
18/04/19 (Thu)


二週間留守にした西伊豆の野菜畑から初の収穫

<e737e>二週間留守にした西伊豆の野菜畑から初の収穫
低気圧が暴れる週末に首都圏の中継地である西伊豆に戻り、再び東京に向かいました。

高松に出発前に初めて家庭菜園を敷地内の畑に作り、小松菜・人参・ネギなどを種をまいたり、教えてくれた隣人の畑から移植してネットで保護して留守中の鹿やタヌキから守る対策をして…。

初収穫は小松菜とネギ、そして隣地の地主さんからいただいたタケノコの大きなサイズのもの多数。

本日東京で商談中のお客様に無農薬で育てた収穫物をおすそ分けで届けて喜んでいただきました。

いずれリタイアしたら自給自足が出来そうな気配でもあります。
18/04/18 (Wed)


高松にも芝桜が…

<e235e>高松にも芝桜が…
70日振りに来た高松でしたが約二週間の滞在中、輸入車の商談締結や国産車の新規発注作業の打ち合わせ等でほとんど毎日が仕事に費やす時間が多くあまりゆっくりした自分の時間がとれなかったのが残念でしたが明日は首都圏に帰還の為、最終日の今日は高松郊外の芝桜を見てきました。

芝桜というとウサギの好きな場所はやはり秩父と以前住んでいた河口湖が綺麗でしたが、ここ高松にも個人の庭園をカフェと芝桜のガーデン造りに力を注ぎ見事小さいながらも見頃を迎えた「カフェ・ジャルダン」があり、なかなか素敵な場所です。
http://cafejardin.net/garden.html

今年の犬年にちなんで陽光麗らかな今日、写真のような綺麗な庭園とうどんの名店で楽しんで過ごせました。
18/04/13 (Fri)


第二の人生は好きな車に乗って…

第二の人生は好きな車に乗って…
首都圏で就職して定年を迎え実家のある香川に戻ってこられて旅館を経営している同世代の方と友達になって二年。

この度、国産小型車から初めて輸入車に乗り替えることになり、お手伝いをさせていただく。

マイナーなフランスの輸入車シトローエンC3。
知る人ぞ知る洒落たデザインのフランス車だ。

でも香川県では販売するディーラーがなく、相談を受けたウサギは瀬戸内海対岸の大きなマーケットを抱えるシトローエン岡山と個別交渉。

デモカーのない香川県に瀬戸大橋を渡って試乗車をもって来てもらう約束を取付け商談を進める。

マイナーな故、全国共通在庫の中で少ない球を取り合う生存競争の激しいマーケットで輸入車業界44年のキャリアを持つウサギは長い耳を立て情報収集に奔走し間もなく受注まで漕ぎつける事が出来そうだ。

遊牧民的生活の中でキャリアを役立ててアウェイでも戦うウサギのキャリアが生きて来るときだ。輸入車関連業界の方々に感謝したい。
18/04/03 (Tue)


70日振りの四国・高松

70日振りの四国・高松
仕事の関係で首都圏を留守にできず、高松には70日振りにやって来ました。

ちょうど季節も良い時期で今年は首都圏の桜と高松の桜を同時期に鑑賞できる機会に恵まれました。

日曜日は家族連れでにぎわう桜の名所「みろく公園」を訪ねて満開の桜を見ることが出来印象深い日本の四季の変化を肌で感じる一日でした。
18/04/02 (Mon)


桜 見頃です

<e235e>桜 見頃です<e235e>
日本という国は美しいと思います。

この季節になると全国どこへ行っても必ず桜が咲いていて、人生の節目の卒業・入学・入社・転勤などそれぞれの人の人生に大きくかかわって記憶に刻まれる桜は大切な日本の文化です。

写真は2月にすでに先にピンク色に咲いた土肥桜の後、3月には普通にソメイヨシノが県道沿いに植えられていて、道行く車からは駿河湾の風景と桜を交互に楽しませてくれます。

ジャガーエステーに代わる長距離ツアラーのプジョー607と県道沿いに桜鑑賞です。
18/03/29 (Thu)


桜 綺麗です

<e235e>桜 綺麗です<e235e>
昨年の今頃は高松で桜を見ていましたが、今年は3月の仕事が長引き、東京オフィスで過ごしながら薄いピンクのソメイヨシノの桜に接しています。

春の天候は読めずに不順で朝晩はかなり冷え込む東京です。
西伊豆の土肥桜の色があまりにもピンクなので薄いピンクの東京の桜が写真的には今一つに見えます。

ウサギは紆余曲折ありながらも元気に過ごしています。
怒りっぽい性格をなだめながら…(笑)
早朝の車の少ない時間に散歩に出て道路の真ん中に出てしまいました。
18/03/25 (Sun)


続いて良い写真が撮れました

続いて良い写真が撮れました<e125e>
ウサギは昔から凝り性で気に入ったものや好きなことには夢中になれる性格です。そして自分も自分の持ち物や分身も可愛いと思うナルシスト。

続いていい写真が撮れました。昔だったら四つ切に引き伸ばしてパネルで部屋を飾っていましたが、今はパソコンに数えきれないほどの写真が…。

急死しても生前ウサギが愛した車たちだと忍ぶ会で披露してほしい。
18/03/06 (Tue)


土肥桜 満開

土肥桜 満開<e235e>
西伊豆・戸田に東京から9日振りに戻って来たら、早咲きのピンクの「土肥桜」が満開になっていました。

昨夜からの低気圧の接近で西伊豆は強風が吹き荒れていますが、その地で育った桜は簡単には花びらが散ったりせずに勝気に咲き誇っていて何とも嬉しい気持ちになりました。

ウサギも寒い・暑いなど愚痴ばかり言わないでその地の気候に順応していかなければと…。思うのですが…。

今年は例年よりそれでも10日ほど遅れてはいる様です。
18/03/01 (Thu)


日本水仙を手土産に…

<e235e>日本水仙を手土産に…
西伊豆のアトリエ近くには日本水仙が群生していくらでも切り花として入手できるので東京に行くときには親しい友人やお客様のために花束を幾つかトランクに入れ移動します。

90%ほどは白い花ですが、時々黄色い水仙も咲いているので混ぜたりします。

写真は西伊豆の自宅の玄関用に花瓶に入れた水仙。
二週間以上は咲いた状態を維持し暫く香りも放ちます。

土肥桜も同時に満開近くなっていて心を癒してくれます。
18/02/27 (Tue)


total : 45729


<<PREV   HOME

total : 25263
today : 2    yesterday : 15