兎の放蕩物語


高松にいて良かった!

高松にいて良かった!
ウサギは今年67歳になり父が90歳になる。

親子ともども高齢化社会の日本に生きる老人だ。

ウサギは全国各地を転々とする遊牧民。
父親は鳥取県境港市で介護も必要とせずに健康に余生を過ごしていた。

たまたまの偶然、父が鳥取医大で手術をするというので急きょ仕事を調整して境港に飛んだ。車で3時間は遠くない距離だ。

高度医療の進歩は著しい。
高齢で本来は何もしない方がという意見が圧倒的に多かったが父は死ぬのは早く?まだやり残した夢があると云い、危険で無謀と思われる手術に挑戦、見事成功し生還した。

信じられない思いの方が強い。しかし自分もウイルス性肝炎から肝硬変に進んだ二年前にアメリカの高価な薬で健康に復帰できたように90歳になる父親も奇跡を起こし術後2日で明日退院という。

現代医学は素晴らしいと驚嘆したウサギでした。
18/05/16 (Wed)


京都を過ぎると「高槻」インターから

京都を過ぎると「高槻」インターから
高松に向かう時には東名→名神→中国道→山陽道→明石海峡大橋→高松道というコースで沼津市のアトリエから約 670km の道のり。

今まで食事時間を除いて自動車で7〜8時間掛かっていました。

今回は完成したばかりの新名神高速道路を利用して中国道での大阪吹田から宝塚、西宮付近の都市部を避けて山間部を走るコース故、走行時間が大幅に短縮できて6時間半で高松へ到着です。

料金所でも高速代金が距離が短いのか少し安くなっていました。

年とともに年齢を重ねて車の運転がいつまでできるか?あと10年もすれば自動車での移動が厳しくなる間も知れませんが、時間短縮は休日の都市部の高速区間の混雑を考えると朗報でした。

併せて、ベンツに取り付けたドライブレコーダーの性能もチェック
東京海上日動とパイオニアの共同開発商品の体験学習もできました。

車線変更時の注意喚起・車間距離が接近した時の警告・保険会社ならではの事故多発地点通過前の案内などとても役立ちました。
18/05/13 (Sun)


コマーシャルソングに合わせてタイヤを転がす♪

コマーシャルソングに合わせてタイヤを転がす♪
東京オフィスで三日間、新車の納車準備と保険の仕事をした後、西伊豆に移動。

早起きして早朝からタイヤ交換

「タイーヤ○ぜん♪タイヤ○ぜん♪」

思わず転がしながら口ずさむ。

メルセデスのピレリーが消耗して山が少なくなったので在庫しているミシュランタイヤに。

明日は早朝から8時間 700kmのドライブで四国・高松出張所へ

フランスから日本のディーラーに無事入港・通関手続きを終えたシトローエンの新車納車の準備で車庫証明申請と登録納車の打ち合わせから納車まで10日間滞在。すぐに東京に戻ります。
18/05/11 (Fri)


いつものようにゲスト対応…

いつものようにゲスト対応…
Airbnb のゲスト対応で連休を終える。

西伊豆も高松も外国人向けに滞在時だけカレンダーを開放して予約を取るので今年も連休は西伊豆で畑の作物の管理や庭の除草、草木の伐採などの手入れをしながら都会の混雑を避けて静かに過ごしていました。

ここ数年、勤め人時代ではないのですが、毎年、おんなじ事をやりながら過ごしている生活を客観的に見ると少し飽きてきたように思い変化を好むウサギは何となくじれったいような精神状況です。

車の仕事もそこそこ忙しく、今は東京で保険の仕事をしていますが、このあと四国高松でシトロエンの新車の納車、また戻って東京で国産車の新車の納車です。
18/05/09 (Wed)


毎年 同じようなことをしている晩年のウサギ!

毎年 同じようなことをしている晩年のウサギ!
ゴールデンウイーク

季節的にも魅力ある時期ですが、何しろ日本は混雑が多い。
首都圏の高速道路は常に渋滞が発生して、海外旅行に行く人以外は国内の観光地に集中する季節です。

明日は外国人のゲストが西伊豆に。
昨年はアメリカとドイツから
今年はペルーから…。

Airbnb の民泊もいよいよ6月14日から日本の法律に従い許可番号が必要になり、本日は沼津保健所に相談に行ってきました。

キャンピングカーは個室の面積が小さく民泊に当たらないとの見解を言い渡され、それに代わる業種をどうするか近々指示をいただくことに…。

民泊ではない→簡易宿泊所としても面積が不足➡キャンプ場経営?

返事待ちで今後の対応を考えます。
庭園を利用したライダーやスポーツカー乗りの週末のオープンカフェとして生き残るプランもいいかも?

毎年、同じような生活を送ってここ数年は外国人ゲストを優遇してホスピタリティを発揮していましたが写真は4年前の個人旅行。

長崎 ハウステンボスの「ホテルヨーロッパ」に2泊滞在して仮面舞踏会に参加したりして優雅に旅していました。

他人をもてなすより自分が後残り少ない余生を楽しんでもいいのかも?と自問自答のウサギです。
18/05/02 (Wed)


伊豆は穏やかな季節

伊豆は穏やかな季節
桜の時期が終わり新緑の若葉が目立ってきました。

この時期は西伊豆で外国人の宿泊対応をする為にキャンピングカーの環境整備や受け入れ準備に追われますが、海に風も立たず、十分な日照と青い空に恵まれ庭の草取りにも力が入ります。
今年は初めてペルーからのゲストもお迎えする予定です。

庭のカラーの花も綺麗に咲きました。

とても快適な初夏を迎える良い日々です。
18/04/29 (Sun)


懐かしいなあ…京王帝都のバスカラー

懐かしいなあ…京王帝都のバスカラー
まだ詳しく調べていないけど…、今日ヤナセにお客様の車を入庫した帰りに東京オフィスまでバスを使って帰ってきた。

懐かしい往年の京王カラーが復活か?
もう50年以上も前、ウサギが少年だった頃、小金井街道を走るバスがごく少数だけエアクッションを採用した新型バスがあり、たまたまそのバス乗った時に大型客船のようにゆったりとした乗り心地が忘れられなかったことを思い出した。

今の時代は老人のためにバスの前半分は低床式のフロアで後半のフロアは高くて階段を昇ったフロアに普通の前向きの二人掛けの座席があるが、バスの中の雰囲気は老人サロンの様だ。

乗合バスは座席が前を向いていなくても横座りの席で統一したほうが多くの人が座れるし自然と老人にも目がゆき助けて横に座らせてあげられると思います。
18/04/19 (Thu)


二週間留守にした西伊豆の野菜畑から初の収穫

<e737e>二週間留守にした西伊豆の野菜畑から初の収穫
低気圧が暴れる週末に首都圏の中継地である西伊豆に戻り、再び東京に向かいました。

高松に出発前に初めて家庭菜園を敷地内の畑に作り、小松菜・人参・ネギなどを種をまいたり、教えてくれた隣人の畑から移植してネットで保護して留守中の鹿やタヌキから守る対策をして…。

初収穫は小松菜とネギ、そして隣地の地主さんからいただいたタケノコの大きなサイズのもの多数。

本日東京で商談中のお客様に無農薬で育てた収穫物をおすそ分けで届けて喜んでいただきました。

いずれリタイアしたら自給自足が出来そうな気配でもあります。
18/04/18 (Wed)


高松にも芝桜が…

<e235e>高松にも芝桜が…
70日振りに来た高松でしたが約二週間の滞在中、輸入車の商談締結や国産車の新規発注作業の打ち合わせ等でほとんど毎日が仕事に費やす時間が多くあまりゆっくりした自分の時間がとれなかったのが残念でしたが明日は首都圏に帰還の為、最終日の今日は高松郊外の芝桜を見てきました。

芝桜というとウサギの好きな場所はやはり秩父と以前住んでいた河口湖が綺麗でしたが、ここ高松にも個人の庭園をカフェと芝桜のガーデン造りに力を注ぎ見事小さいながらも見頃を迎えた「カフェ・ジャルダン」があり、なかなか素敵な場所です。
http://cafejardin.net/garden.html

今年の犬年にちなんで陽光麗らかな今日、写真のような綺麗な庭園とうどんの名店で楽しんで過ごせました。
18/04/13 (Fri)


第二の人生は好きな車に乗って…

第二の人生は好きな車に乗って…
首都圏で就職して定年を迎え実家のある香川に戻ってこられて旅館を経営している同世代の方と友達になって二年。

この度、国産小型車から初めて輸入車に乗り替えることになり、お手伝いをさせていただく。

マイナーなフランスの輸入車シトローエンC3。
知る人ぞ知る洒落たデザインのフランス車だ。

でも香川県では販売するディーラーがなく、相談を受けたウサギは瀬戸内海対岸の大きなマーケットを抱えるシトローエン岡山と個別交渉。

デモカーのない香川県に瀬戸大橋を渡って試乗車をもって来てもらう約束を取付け商談を進める。

マイナーな故、全国共通在庫の中で少ない球を取り合う生存競争の激しいマーケットで輸入車業界44年のキャリアを持つウサギは長い耳を立て情報収集に奔走し間もなく受注まで漕ぎつける事が出来そうだ。

遊牧民的生活の中でキャリアを役立ててアウェイでも戦うウサギのキャリアが生きて来るときだ。輸入車関連業界の方々に感謝したい。
18/04/03 (Tue)


total : 46325


<<PREV   HOME

total : 25857
today : 22    yesterday : 17