兎の放蕩物語


台風が来ると蒸し暑いですね!

台風が来ると蒸し暑いですね!
小学生の頃は小児喘息がひどい子供で台風が来る時期は必ず喘息の発作が起きて吸入器で症状は抑えるものの体育の授業や運動会は欠席することが多かった🐇の少年時代。

喘息は30代後半まで患っていましたが分煙環境がすすみ煙草の煙を逃れる様になって、また体力もついてきたからか?40代になるとだんだんと自然に発作が出ることが少なくなり、50代以降 会社員を辞めて自立してからはほとんど症状が出なくなりました。

さて二週間ものんびり過ごしてしまった四国滞在。
戻ろうと考えていたら首都圏を台風15号が直撃することになり帰京を延期。
高齢の父(90歳)のことも気になり週末は泊りがけで鳥取県境港市の実家を訪れ1年ぶりの再会を果たしました。
高松からは250km(3時間)で行ける距離です。

ちょっと早いけど敬老の日のプレゼントにまだ元気な父と義母に茶器を贈りました。

親も子も年齢を重ねどちらが先に行ってもおかしくありません。
互いに就活の確認もできた訪問でした。

写真は米子空港(航空自衛隊美保基地)の旧YS11機。
19/09/09 (Mon)


ミニカー収集の楽しみ

<e125e>ミニカー収集の楽しみ
ウサギ🐇は若い頃からミニカーを集めるのが好きで四カ所の家に500台を超える車があります。

ほとんどが輸入車中心ですが、中には自分が乗ってきた車も含まれていて愛着が深い車ほどその数も多いのが現状です。

大きさも小さいものから大きいものまで色々ありますが写真のベンツは1/24スケールでこのサイズですと存在感があってリアル感が増します。

我が家で一番長く所有しているCLKクーペのミニカーを最近二台増やしました。残念ながら所有している色とは異なりますがかたちが綺麗に再現されているので家の中に置いて見ていても飽きません(笑)

ちなみにCLKだけで8台所有しています(ミニカーの話)
CLKにこだわるのはヤナセ四国を1999年に去るときに最後に納めたお客さんの車がこの車だったので思い出も同時に持ってきているからです。
ヤナセ時代で一番充実していた時期だからです。20年前の良い思い出を現在までずっと引きずっているのかも…。
19/09/04 (Wed)


久々の高知は金メ丼

<e715e>久々の高知は金メ丼
先日こちらで購入したうどん屋さん巡りの為のミニカー(軽自動車)の整備が終わってテスト走行がてら徳島の海岸経由で高知県の室戸まで「金メ丼」を食べに出かけました。

金目鯛は西伊豆でも有名な魚ですが、ここ高知では漁師飯として生まれ地域の町興しで室戸の郷土料理として料金を1600円で統一して地元の民宿・食堂・ホテル・遍路宿などでお店の特色を生かした「金メ丼」が提供されています。

今回は地元のホテルのレストランで3色の「金メ丼」をいただきました。
夫々金目鯛をどう調理するかオリジナリティを問われますがこちらでは予約なしで一日何食と決まった数だけ早いもの順で提供され、特に照り焼きにした部分が美味しく、吸い物とだし汁とどちらか選ぶことも出来ました。

車も快調で比較的高いスピードで流れる国道55号線をリラックスして走れました。イタリアっ子ではありませんが小さな車はとてもきびきび走って使いやすものですね!
19/09/02 (Mon)


少し秋の風が吹いてきた高松

少し秋の風が吹いてきた高松
ずっと寝苦しい夜が続いた西国・高松

昨日は久し振りに鉄道で神戸まで出かけて新しい家族(ばいきん号)を引き取りに行ってきました。
個性的なミニカーをずっと探していましたが一カ月かけてようやく見つけました。うどん屋さんにベンツで乗りつけるのも気が引けて小さな日常の足を確保するのに情報を入手していて、輸入車のスマートや国産のツインという二人乗りの車も候補に上がり検討しましたが妥協点が見つからず男性が乗ってもおかしくない黒いばいきん号に落ち着きました。

写真でお見せするような高級車ではないので代わりに前菜が終わって夕食のメインに焼いた「オリーブ牛」のステーキをアップします。
柔らかくてジューシーで地元のオリジナル肉料理もなかなか美味しいですね。

この日は夕刻から涼しい風が吹き抜け久々にエアコンを使わずに安眠出来ました。感謝!
19/08/25 (Sun)


猛暑の高松ですが多くの友人に会えることは幸せです!

猛暑の高松ですが多くの友人に会えることは幸せです!
贅沢な🐇は暑い時は涼しい処、寒い時は温暖な土地へと老齢に鞭打って好きな車を走らせ全国を巡ります。

今月は前半の花火大会のホームパーティを終えた後、東京に戻り新車を納車し、またその下取車を高松の友人の整備工場さんに買っていただくため再び帰ってきました。

熱い猛暑の日々は厳しいのですがこちらでは多くのお客様や友人と交流できることも晩年の貴重な生き方の肥やしとなり充実した日々を送ることが出来て幸せです。

写真は友人のお客さまのシトロエンと同じく友人から借り受けたシトロエン2台で由緒ある高松藩の松平家の菩提寺を訪ねたときのものです。
19/08/23 (Fri)


下取車を高松に移動して嫁がせる…

<e125e>下取車を高松に移動して嫁がせる…
新車の納車で国産の軽自動車を納車前に先取りし、中禅寺湖の任務完了で小さな引っ越しに役立ってくれたあときちんと整備をしてあげて高松に嫁ぐことになったスズキの「ワゴンR」 西伊豆の食料の買い出しでも大活躍してくれました。

こんな小さな車で今回は西伊豆から高松に700km近く高速移動。
120kmしか出ない小さな車ですが、荷物がたくさん積めるので西伊豆から家財の一部や絵画をたくさん載せて東名・名神と順調に距離を稼ぎお盆明けのウイークデイだったので順当に明石海峡大橋も通過し無事高松に到着。

友人でお世話になっている自動車整備工場に無事嫁ぐことになり、首都圏の車は中古車でも走行距離が少なく程度も良いので、明日新しい使命(工場の社有車として)を背負って期待されての納車です。

同時にメルセデスの点検もお願して、遠く離れた西国でも車の事で公私ともお世話になっているHさんに感謝しています。
19/08/21 (Wed)


灼熱の日本列島で…

<e269e>灼熱の日本列島で…
今年は約半分の5カ月を関東の冷蔵庫「中禅寺湖湖畔」で過ごしたので日本列島の夏の暑さにウサギは体力を消耗し疲れています。

沼津に今は皇室が利用されていませんが御用邸があるように夏でも西伊豆の高台のアトリエは東京よりもかなり過ごしやすく乾いた風が駿河湾から吹きよせ快適なはずだったのですが、今年は東京での車の仕事を済ませ西伊豆に移動したころに大型台風が長期間滞留し、湿った風が駿河湾を覆い東京と変わらない寝苦しい毎日を過ごしていました。

高松に続いてこちらでもエアコンの増設をして何とか凌ごうと考えましたが、工事が9月にずれ込み、それでは高松に移動しようかということになり西国に移動をしたウサギです。

今となっては早めに終了できた中禅寺湖の保養所運営の日々の標高1300mの冷涼な気候が恨めしい限りです。
19/08/21 (Wed)


久々に高松で休養できます

久々に高松で休養できます
西伊豆の環境整備も終了して、東京オフィスでの新車の納車の打ち合わせも終わり高松にゆっくり滞在出来ることになり、梅雨が明けたばかりの25日 愛車クリスティーヌ(Mercedes)で高松のセカンドハウスに向かいました。

明石海峡大橋を渡るとちょっと早いのですが、本州から淡路島に渡るのでもう四国についた気分になります。この橋が出きるまでは山陽自動車道を岡山まで走って瀬戸大橋から高松入りしたものです。

今回は家主さんの好意でエアコンを増設してくれることになりここ西国・高松の暑さは大変なものなので ほっと胸を撫で下ろしています。

長くお付き合いしているとコミュニケーションも取れてありがたい配慮をいただきました。

来週末は目の前で花火が上がるので親しい方をご夫婦で招待させていただきホームパーティを開催します。
19/07/28 (Sun)


Kei坊 ありがとう!

Kei坊 ありがとう!
中禅寺湖でジープ代わりに活躍してもらおうと昨年暮れにうちに来てくれたKei坊。

軽自動車のSUVタイプで車高も高くVWポロのスタッドレスを履かせて日光の雪のいろは坂で活躍してくれました。
今月その役目を終えて、都内の新しい飼い主の元に嫁いでいきました。車名が● Kei ●というスズキの自動車の最終モデルで家でもK坊と名付けて兎のエンブレムを付けて可愛がられました。

高松ではうどん屋さん巡りの宿毛君、また最近下取りで東京に入庫したオサム君など維持費の掛からない足車がいつの間にか増えてしまったので台数を減らす為にもお別れした次第です。自動車の仕事もいつまで出きるかわかりませんがどんな小さな車でも またはるか遠く海を越えてやってきた異国の個性ある好きなスポーツカーもウサギにとっては家族同様の仲間です。
19/07/23 (Tue)


遊牧民としてまた生活が自由になりました!

遊牧民としてまた生活が自由になりました!
限られた時間で週に3日自由に休めてもやはり遠い北関東の日光。

東京に帰ってもあまりゆっくり出来ず、高松には何カ月も行けず、西伊豆のアトリエも草ぼうぼうの状態が続き、やはり縛られて生活するのは精神的にも良くないと判断して初期の立ち上げの責務を果たし宿泊客も順調になってきたのでこの辺が潮時だと16日に後任者に引き継ぎを済ませて西伊豆にひとまず帰還。

長引く梅雨の雨ですっかりかび臭くなってしまった家の換気と掃除、そして除草作業をこの二日間続けて元通りの海の見える高台の一軒家と置いてきたスポーツカーのメンテもすませひとっ走り峠を走らせてきました。

来週は高松で夏を満喫する予定です。
19/07/18 (Thu)


<<PREV   HOME

total : 36605
today : 18    yesterday : 22